パチンコニュース.com

パチンコの最新情報をまとめています。新台情報やイベントの情報、パチンコ店舗の評判など徹底調査!

Home » パチンコニュース » アサヒディード初の献血活動に45名が協力

アサヒディード初の献血活動に45名が協力

calendar

reload

アサヒディード初の献血活動に45名が協力

大阪府のホール企業・アサヒディードが経営する「イルサローネ藤井寺店」は4月14日、献血活動を実施。来店客をはじめ同社社員・アルバイトスタッフなど45名が協力した。

献血活動

日本赤十字社は、1952年に初めて血液事業を開始しました。
輸血必要としている患者さんのために、無償で提供するボランティアで、献血は、16~69歳までの健康な人が対象となっています。

今回の献血は、コロナ禍で輸血用血液量が不足している問題を受けて、普段からボランティア活動に力を入れている同社が、献血バスを招聘。14時~16時30分までの2時間半の間に45名が協力し、貢献を果たすことができたようです。

アサヒディード

大阪府を中心にパチンコホールを運営しており、大阪府で11店舗、千葉県に1店舗を展開しています。創業から70数年と、この業界でも老舗企業です。
社会活動にとても力をいれており、環境ボランティアや、児童福祉、スペシャルオリンピックスへの協賛などを行っています。

スペシャルオリンピックスとは

スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人が自立や社会参加を目的とし、その活動をサポートする団体の活動支援を行っています。
競技は、水泳競技や陸上競技の他、ローラースケートやボウリングなど、夏冬合わせて26種類あるそうです。

記事内容の一部

大阪府のホール企業・アサヒディードが経営する「イルサローネ藤井寺店」は4月14日、献血活動を実施。来店客をはじめ同社社員・アルバイトスタッフなど45名が協力した。
引用:アサヒディード初の献血活動に45名が協力