パチンコニュース.com

パチンコの最新情報をまとめています。新台情報やイベントの情報、パチンコ店舗の評判など徹底調査!

Home » パチンコニュース » RSN 2月相談数330件

RSN 2月相談数330件

calendar

reload

RSN 2月相談数330件

「リカバリーサポート・ネットワーク」(RSN)は、2月の相談数が330件(支援室33件含む)と発表しました。

リカバリーサポート・ネットワークとは

リカバリーサポート・ネットワークは、パチンコ、パチスロの遊技に関する依存及び依存関連問題解決の支援を行うことを目的に設立された、NPO法人です。
2006年4月に設立され、パチンコ依存などの問題に取り組んでいます。

RSNは会員からの会費や、寄付金で運営されています。この会員になるには、目的に賛同してくれる個人や企業が対象になっており、随時募集を行っているようです。

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症とは、ギャンブルによって日常生活などに支障が出る疾患で、1970年代に「病的賭博」という名称で正式に病気として認められており、ギャンブル依存症の治療は、2020年4月からは、公的医療保険の適用対象となりました。

症状としては、
・のめり込み
・ギャンブルをしないと落ち着かない
・やめようとしてもやめられない
・掛け金が増える、借金が増える
といった症状があげられます。

ギャンブル依存症は病気だと理解し、適切な治療を受ける必要があります。

記事内容の一部

「リカバリーサポート・ネットワーク」(RSN)は、2月の相談数が330件(支援室33件含む)と発表しました。
引用:RSN 2月相談数330件