パチンコニュース.com

パチンコの最新情報をまとめています。新台情報やイベントの情報、パチンコ店舗の評判など徹底調査!

Home » 【新型コロナ】感染拡大防止策 » パチンコ ダイナムが新たな感染防止対策を追加

パチンコ ダイナムが新たな感染防止対策を追加

calendar

reload

パチンコ ダイナムが新たな感染防止対策を追加

新型コロナウイルスは年末の12月になっても猛威を振るっています。
第2波が拡大する中、ダイナムではさらなる感染防止対策を始めるとのことです。
パチンコ店での感染防止対策といえば、消毒やマスク着用、ビニールカーテン等が一般的ですが、この度ダイナムでは自動検温装置とオゾン発生器を導入するそうです。

自動検温装置とは?

自動検温装置とは非接触型の検温装置です。スマホのような液晶画面に映ることで体温を測ることができます。
入店時に検温することで発熱がある人の入店を断ることができるようになります。
この新型コロナウイルス拡大に伴い、百貨店など不特定多数の客が来店する場所にはこの検温器をよく見るようになりました。
この検温装置で37.5℃以上だった場合には従業員が改めて検温を行います。それでも37.5℃を超える場合には入店することはできません。

オゾン発生器とは?

オゾンには除菌と脱臭の効果があるとされています。
この除菌効果には新型コロナウイルスにも影響があるとされており、オゾンによる除菌で新型コロナウイルスが不活性化されることが証明されています。
オゾンに高い脱臭効果があることから、この機械は喫煙所に設置されています。
喫煙所は一般的には密閉された空間で狭く、人が集まりやすいことから、新型コロナウイルス拡大防止のため立ち入り禁止となっているお店もありますが、このオゾン発生器により感染リスクが下げられ、ダイナムでは通常通り喫煙所を使用することができます。利用できるとはいっても、人との間隔を空けて使用したほうが安心です。

記事内容の一部

今回の感染防止対策についてダイナムでは「営業再開にあたっては、万全な感染防止対策を行ってきたことで、当社のみならずパチンコホール業界全体でクラスターは発生しておりませんが、依然として営業収入は前年対比70%~80%の水準に留まっております。お客様に安心してご来店いただくためには、さらなる感染防止対策が必要と考え、今回の追加対策を決定しました」としている。同社では今後も遊技台や関連設備を光触媒による除菌コーティング施工を全店で実施することで、来店客が安心、安全にご遊技できる環境維持に努めていく、としている。

引用:ダイナム、全店舗で新たな感染防止対策を追加